今日の一枚
トップページ

 4月30日

 木曜日。  と言う事で帰ってきた木曜日。  月末なので帰りに床屋に寄ってさっぱりとしてもらって帰ってきた。   この状況なので休みかと思ったが床屋ネオンというのか? くるくると回っていたので遠目からもやっていそうとわかったのが良かった。

 世間は緊急事態宣言状態だが、床屋の中はいつもの床屋の中。  プロ野球がやっていないのでラジオはFM東京に変わっていたが、それ以外はいつもどおり。

 担当の方も数回受け持って頂いた方、 安心してさっぱりとしてもらった。   このような状況なのでお客さんが少ないのか? 今日はいつになく丁寧にして頂いてプロの技を堪能してきた。   やはりプロだなぁ。 と。

 こうして床屋に行けるだけでも有難いのだろう。   感謝をして。

本日の一枚

 日比谷花壇大船フラワーセンターより。  アジサイ。  ちょっと季節には早いが、それでもこれを撮ったのは2011年の5月15日。   最近は東京タワーも医療関係者に謝意をこめて青色に染まっている。  命を救ってもらうのだから感謝をしなければ。

 


 4月28日

 火曜日。   結構お疲れで帰ってきた火曜日。  明日は休みだ。  寝てられる。   と、ぐて〜っとしている7時過ぎ。   ライフで買ってきたお惣菜でご飯を食べて寝よう。

 ニュースを見ると これで日本の学校も9月始業になるのか?  コロナはここでも 画期的。

本日の一枚

 日比谷花壇大船フラワーセンターより。  ルピナス。  2011年の写真。  これもこの時期からの花。  

 


 4月27日

 月曜日。   と言うことで帰ってきた月曜日。   雨降る中、セブンイレブンに寄ってパンを買って帰ってきた。   ご飯を炊飯中の7時前。  ぼ〜っとしながらの更新。 

 大相撲の番付も更新されたようなのでネットを見るとご贔屓の魁聖関がちょっと上になった。  もともと三役クラスの力量なのだけれど、大怪我しちゃったからなぁ。  相撲取りの方はどの人も怪我との戦い。  相撲を取りながら怪我を治すというのだから私達とは全くの異質な世界。

 その中で相撲を取るのだから、それは、それは凄い人達の集まりなのですねと尊敬してしまう。 北の富士さんの解説も今こそ笑って聞いているが、現役の頃は それはかっこよかった と思う。 正直、 あまりよくは覚えていないが当時玉の海関との戦いをぼ〜っと見ていた記憶がある。  豪栄道関も横綱クラスの力があったと思うのだけれど、ちょっと神様が袖を振らなかった。  

 このコロナで来場所はどうなるのかわからないけど、相撲が見れる国に生まれた事はちょっと神様に感謝をしなければ。

 と、思う夜だった。

本日の一枚

 日比谷花壇大船フラワーセンターより。 芍薬。  大船の目玉の一つ。  そろそろ咲き始める頃。   今年は見れませんが来年は拝めることを願いながら。

 


 4月24日

 金曜日。   今月は緊急宣言月間。  皆さん キュウキュウとしながら日々を過ごしている。   このような時はストレスが溜まりすぎるのが危険。 なるべく落ち着いて。

 そして医療機関の方々。  一生懸命に人を助けて自分が死んでは何にもならない。  できるかぎり自分を守りながら頑張って下さい、と願いをこめて。

 しかし、こうやって書くのは楽。  あんた人の気も知らないでと叱れてしまうだろうが。  と言う事で今週も曲を載せておきます。   この曲は東北震災の翌年の震災日に向けて作った曲。  この時も 皆さん頑張って欲しいと願いをこめて作ったので、今回にも適用できるだろうと思いまして。

 人が見ていないここで このような事を書いても意味無いだろうと 私は思うのだけれど。  それでもいいではないだろうか。  小池さんも、他の方々も皆さん頑張っているし。

 早く収束することを願いながら。

 曲 →  梅でも見に行きましょか

 今週も自粛をする週末だが、来年は暢気に梅でも見にいけることを願いながら。

本日の一枚

 日比谷花壇大船フラワーセンターより。  サボテン3兄弟。  2016年の写真。   植物は何もしゃべらないが、ぼ〜っと見ていると意外と癒される。  不思議なもの。

 


 4月23日

 木曜日。   と言う事で帰ってきた木曜日。   帰ってきてチョコお菓子を二つ食べることが至福。   ほっとする7時前であった。  

  新緑香る5月前で一番心地よい季節なのだけれど、世の中は大変重い。  つばめが巣作りを始めたようであちこちで飛んでいるがその景色もなんとなくしみじみしているような。

 もう がんばれ〜と書ける日常では無いので、落ち着いて一日一日を過ごすことを心がけるだけだろう。 

 

本日の一枚

  富士 山中湖の花の都公園。  2016年の5月の写真。  ネモフィラが綺麗に咲いている時。   こんな写真も撮ったのだなぁ〜と 改めて驚いている。  

  


 4月22日

 水曜日。   と言う事で帰ってきた水曜日。  帰りにライフでネギを買って帰ってきた。  最近はどこもピリピリとしているような。  それでも人々はなんとなくおっとりとしているような。  私もその一人だと思うが。   たぶん歴史の教科書には 2020年 新型コロナウイルス世界蔓延と書かれるようになるのだろう。

 一昔と違い 今は記録媒体が沢山あるので人間社会が無くならない限りは この光景を未来の人はしっかりと視聴できるのであり、その教訓をしっかり把握できるのでしょう。

 はてさて、結末はどうなるのだろうか。  

本日の一枚

 富士芝桜。  2014年 5月。   ゴールデンウィークをはさむ今頃は芝桜も見頃になる。  とっても良いシーズンなのだけれど、今年は我慢年。  小池さんも頑張っている。 仕事には行っているが、なるべく罹らないように、うつさないようにしないといけません。 

 


 4月21日

 火曜日。   と言う事で帰ってきた火曜日。  セブンイレブンで税金を払って帰ってきた。   帰りの商店街は一気にテイクアウトを売り出す飲食店が多くなり 不思議な活気が出てきた。  見るからに美味しそう。  皆さん 凄いものだ。

 そういえばふと見た再放送のプラネットアース。  イギリスのBBC放送局が作っているのだが、音楽制作にハンスジマーさんの文字。  確か昔も見ておののいたが、今見てもほぇ〜っと唸ってしまった。  ハンスジマーさんなんて使ったら数千万円ぐらいかかるだろうにと思ってしまうと、BBCがこのドキュメンタリーにどれだけ気合を入れているのかわかる。

 私としてはNHK大河あたりでハンスジマーさんの曲を聴いてみたい。 きっと合戦のBGMは 弦軍団が どわ どわっと弾き乱れるような曲なんだろうなぁ〜と想像する。

 でも個人的には亡くなられたジェリーゴールドスミスさん。  この人に作ってもらいたい。  この人は職人芸で自分の音よりも、それらしい昔からの流れをひきついた様な音楽を作るように思える。  きっと昔ながらの日本音楽に西洋スパイスを入れたような音楽を作るのだろうなぁ。

 と、想像しただけでもワクワクしてしまう。   もう無理なんだけど。  そんな人が世に出てくる事を楽しみにしながら。

本日の一枚

 あしかがフラワーパークより。  藤の花。  2012年の写真。  まぁ見事。   これらの藤を見るために大型バスが連なる植物園。  植物園の横綱クラスなのだろうなぁ。

 


 4月20日

 月曜日。  と言う事で帰ってきた月曜日。   この雨で新型コロナウイルスも流されてくれればいいが、と思いながら。  

 それにしても新型コロナウイルスという名目は長い。   日本語ももうちょっと短めにできないのだろうか。  こういうのはSNSですぐに流行りそうだから誰が考えればいいのにと思うのだが、殆どSNSなんて見ないので 本当はすでにあるのかもしれない。

 恐るべき時代だ。  と、今日も訳のわからない事を書き綴っている。   これでは誰も見ないわなぁ〜。 と、納得をしながら。

 しかし 今日の首都圏ネットワークのお姉さん。  ちびまる子ちゃんが大人になるとこのようになるのかなぁ〜と しみじみ見ている。  これも凄い。

本日の一枚

 あしかがフラワーパークより。  藤の花。  2012年の写真。   たぶん今年は開園しないだろう。   ということで、写真を載せておこう。  

 そのうち誰か見てくれるかもしれないと、一応すべて写真はクリックすると大きくなるのだが。

 


 4月17日

 金曜日。  と言う事で帰ってきた金曜日。   最近毎週曲を載せているので。  一応作曲家だと思っているが全てただで載せていたのではまずいだろうと思うのだけれど。  皆さんお疲れなのだから社会貢献の意味も。

 でも誰も聞いていないんだよなぁ。  

 まぁ 間違って一人でも聞いてもらえてほっこりなんぞして頂ければ作った甲斐もあるのだろうが。  笑い。  

 昔作った曲で小さな静かなレストランという曲。  医療関係者や保育の方や施設の方や、家で仕事しながら子供を見てストレスがたまっているかなど 日本中が疲れている。

 私も疲れています。  ということで、新型コロナウイルスが収まったら どこか静かな場所へ そしてレストランでも行きたいねぇ〜という願望を思いながら。

 まずは少しでも疲れがとれますように。     最初妙な曲だが、 全体的に直すべき曲なのだろうなぁ。  すいません。

 曲 → 小さな静かなレストラン

本日の一枚

 花菜ガーデンより。  お花畑とベンチ。   ここでぼ〜っとしているといいんです。  2011年5月の写真。    ぼ〜っとできる事ができるよな世界が戻ることを願いながら。

 


 4月16日

 木曜日。  と言う事で帰ってきた木曜日。   今日から若干の時差出勤。  若干見える景色も変わる。  帰りにライフに寄って念願のネギを買って帰ってきた。   今日は落ち着きを取り戻したライフだがレジの方々はマスク、手袋、防護ビニールシート。   まぁこればかりは、やり過ぎるほうがいいので大事に頑張って欲しい。

 まぁしかし、もうちょっと世の中が動かないものかと思うが。   早く収まって欲しい。

本日の一枚

 花菜ガーデンより。  バラ。 2011年の写真。  この調子だと今年の初夏のバラ園はどこも行けないだろう。 と言う事で。   今時 誰も見ていないホームページにせっせと写真を載せても意味無いだろうと思うのだけれど、  まぁ、気は心。

 なんとなく 馬鹿だねぇ〜と思う夜であった。   それにしても平井さんの天気予報は上手いねぇ。  大学で講義を聞いている感じ。

 


 4月14日

 火曜日。  と言う事で帰ってきた火曜日。  帰りにライフに寄って長ねぎなんぞ買おうと思いよってみたが凄い混みよう。   この列に並んで長ねぎ一本買うのもなんだかなぁ〜と思い帰ってきた火曜日。   今日は売り出しだったのかもしれない。

 まだまだコロナお疲れ週間が続きそうな気配。   いやですねぇ。   早く通常に戻って欲しいと願いながら。

本日の一枚

 日比谷花壇大船フラワーセンターより。  ジキタリス。  2011年の写真。   それにしても医療機関の方々は大変。  100年に一度ぐらいの危機を全て引き受けているのだから。

  書く言葉がないくらい。  ご苦労を想像すると絶するようだ。  ご自身を守りながらお仕事頑張って下さい。 

 


 4月13日

 月曜日。  と言う事で帰ってきた月曜日。   雨強し。  一日中降っていた 久しぶりの大雨。    明日は快晴なれど風強し というところらしい。 

 久々にお目にかかった平井さん。  やはりベテランの強さ。  すらすらと流れるように気象解説を行った。  プロだなぁ。

  さて、夕食。   今日のお手軽に。  

本日の一枚

 日比谷花壇大船フラワーセンターより。   名も知れぬ花?  なんだろう。 2011年の5月に撮った写真だがひょうたんのような愛嬌があるつぼみ。 どんな花が咲くのか? 

 不思議。

 


 4月10日

 金曜日。  と言う事で帰ってきた金曜日。  世間はコロナ疲れが蔓延。  私もコロナの影響で疲れ、疲れて帰ってきた金曜日。   ライフに寄って無くなった塩コショウを買って、色々と物色をした結果パンとお菓子を買って帰ってきた。

 とりあえず寝よう。  疲れには寝る。 これが一番。   世間の方もストレスなど一杯たまっているのであろうなぁ。

 ここに曲を載せても誰も聴かないのだけれど、一応音楽をやっている身としては 疲れとってくださいと音楽を載せたい。    でも 聞いていないのねぇ〜 と 笑ってしまったが。

 馬鹿まるだし。  とりあえず私が聞こう。   曲の説明を書いてもしょうがないのだけれど、シンデレラがまだこき使われていた頃、 夢の中ぐらいしか自由になれなかっただろう。 希望を思いながら夢を見たとしたら。 と思って作った曲。 

 まぁ 気は心。   以前作った曲  これはぼ〜っと聞けそうなので。

 曲 → シンデレラのクリスマス

本日の一枚

 日比谷花壇大船フラワーセンターより。  シンデレラなので白バラ。  2011年の写真。   ストレスがたまって家庭内暴力も増えそうと書かれていた。  子供は逃げ場所がないのだから、 がんばってやめましょう。   大人も辛いだろうが、我慢しましょう。

 


 4月9日

 木曜日。   と言う事で帰ってきた木曜日。   帰りに雨に当たらずによかったと思いながら更新する7時前。  

 まぁ、人生色々あるね と思いながら。  コロナに震撼されている世界。   明日は北風強くなるのかぁ〜とテレビを見ながら。   しかし風でコロナも飛んでゆくだろう。

 来週は雨か。  う〜む。

 それにしても病院とか保育園とか 働いている方々は凄い。  日本を支えている。

本日の一枚

 日比谷花壇大船フラワーセンターより。  チューリップ。  2011年の写真。  綺麗だ。  と、書いてふと思った。  誰も見ていないのに 何故写真を載せる必要があろうのだろうか?   ついつい癖で載せてしまっている自分が妙に変。

 なんとなく馬鹿だなぁ〜と思う夜であった。   ま、死ぬまでに一人ぐらいは見てくれるだろう。   

 


 4月8日

 水曜日。  と言う事で帰ってきた水曜日。   この気疲れはいつまで続くのか?と思いながら。   ラジオも少人数体制なのか、色々と大変な様子。  しかし いざという時はラジオは強いからなぁ。  ラジオ頼みの世にならない事を祈るばかり。

 そういえば土曜日夜の新番組。  いいね 光源氏くん。  たまたま見たのだが途中からだったので設定がよくわからなかったが、それもで笑ってしまった。

 この時代。 このようにほっこりしたものは いいよなぁ。  腰に手を当てるポーズが またはまっていて面白い。   これで土曜日の楽しみも増えた。  それを楽しみに頑張ろう。

本日の一枚

 日比谷花壇大船フラワーセンターより。   雪の上のチューリップのような感じ。  2011年の写真。    砲弾が飛び交わないだけよいのだろうが、不安も空気が重い。

 


 4月7日

 火曜日。  と言う事で帰ってきた火曜日。    今日が満月らしく、そして今年一番の大きさに見えるらしい。   帰り道 ぼんやりと雲の霞のかかった月は そう言われれば若干大きめ。  なるほど と、思いながら少し眺めて帰ってきた。

 月はいつ見ても綺麗だ。

 帰りにちょこっとライフを眺めてきたが平穏。  以前よりも品物多目。  なんとなく不思議日本であった。   多くの人が慣れてしまったのか。  しばらくは続きそうだが、慣れとはすごく怖い反面、精神的には少し楽。 本当は慣れてはいけなのだろうけど。   後は早くワクチンあたりが出来てもらえれば、と思いながら。

本日の一枚

 日比谷花壇大船フラワーセンターより。  チューリップ畑。 2011年の写真。  今までだと、ゴールデンウィーク辺りまで大船ではチューリップの半月が描かれ、その周りにシートをひいて人々がのんびりしている様子が多い。

 今年は見れそうもないですね。  来年だなぁ。

 


 4月6日

 月曜日。  と言う事で帰ってきた月曜日。   帰り道に見上げると綺麗な月。  今日は満月か? と思いながらしばし見惚れていた。 

  朗らかな天気で気温も高め。  心地よい帰り道。  これでコロナ騒動が無ければ素敵な日々なのにねぇ〜と思いながら。

  まぁ、 こういう時は寝ているのが一番なのだけれど。  不安な時は寝る。  これが一番なのだけれど、とりあえず作れるものは作ってしまったほうが 後々よいのかな。

 と、なんとなく思う夜であった。  こういう時に刺激を与えてくれる一芸の持ち主の友達がいると いいよなぁ。  と、つくづく思う。  

本日の一枚

 神代植物園より。  睡蓮。  2011年の写真。   全く地味な写真なのだけれど、ぼ〜っと見ていると意外に飽きない。   多肉植物を見ていると飽きないという感じに近いのかも。

  さて、さて。 出るのか? 緊急事態宣言。  

 


 4月5日

 日曜日。    本当は土日は休養日なので更新はしたくは無いのだけれど。  あまりにも暗いニュースばかり。   そして学校の再開も延期のところが多い様子。

 この時期 特に専門病院等の医療関係者は土日が無い様な忙しさだと思います。

 でも 希望は医療関係者からしかでない現実。   簡単に言うなと思われることと思いますが頑張って下さい。   

 そしてこの状態だと結婚式も挙げられないでしょう。  一生に一度の祭典。   オリンピック以上に貴重な瞬間。   それを思うとかわいそう。

 と言う事で以前に作った曲を。  確かピアノ師匠の斉藤先生の娘さんが結婚するときに、その雰囲気で作った曲です。  まぁ、 皆さんで、動物達も足を慣らして、盛大にお祝いをするという思いで作った曲。   本当はもっとちゃんと直さなければいけない曲なのですけど。

 しばらくは 結婚式など挙げられないかもしれませんが、その時を思いながら聞いて頂ければ。   と、書いたのだけれど、そうだよなぁ。 誰も見てないんだよなぁ。  自分でもバカダナァ〜と笑ってしまうが。

 まぁ 気は心

 曲 → 結婚式

本日の一枚

 花菜ガーデン。  ルピナスその他の春爛漫写真。   2011年の写真。  本当は花の綺麗な季節なんですけどねぇ。    我慢、 我慢 と 日が暮れる。 

  今日はエッシェンバッハさん。  梶川師匠も綺麗だねぇ。

 


 4月3日

 金曜日。  と言う事で帰ってきた金曜日。  ライフでパンを買い、本屋でワンピースを買い、セブンイレブンでゴルゴ13を買って帰ってきた金曜日。

 ゴルゴ13なんて買うのは数年ぶりだが、昨日床屋でちょっと読みかけたら妙にゴルゴ13が読みたくなり買ってしまった。  それにしても作者のさいとうたかをさんはとんでもない人である。  私が小学生の頃にはゴルゴ13の単行本が本屋に沢山おいてあったのに 未だに書き続けている。

 ネットで調べてみると 83才。  この人に年齢というものは関係ないのか。   まさにゴルゴ13みたいな人。   すごいお方だ。  ありがたく見よう。

 テレビの大食い。 小林 尊さん  この方もすごい。  

本日の一枚

 花菜ガーデンより。   これは椿か?  まるでブローチのような色、形。  2011年の写真なので当時を全く忘れているけど、たぶん惚れ惚れしながら撮ったのでしょう。 美人だねぇ。

 


 4月2日

 木曜日。  と言う事で帰ってきた木曜日。 まぁ、風が冷たい。  天気もなかなかの一週間。  帰りに床屋に寄ってさっぱりとしてきた。  やはり気持ちよい。 

 今日の担当の方は初めてだったか? ベテランの方。  けっこうざっくりと仕事を進めるが、そのざっくり感が終わってみると妙にスッキリ感に変わる 魔術師のような方であった。

 そう、アベンジャーズの魔術師 ドクターストレンジに散髪をしてもらったような。

 プロだなぁ〜と 帰り道のさっぱりとした心地よさに唸りながら帰ってきた。

 新型コロナウイルスはとどまるところを知らず。  そろそろ若い頃の初期に作った曲を手直ししてゆかないと 人生が終わってしまうかと昨晩思って、ふと調べてみたが ざっくりと曲の数を見たところで  嫌気がさしてしまった。

 まぁ、 なんだかなぁ〜と 今日も更けてゆくのである。

本日の一枚

 日比谷花壇大船フラワーセンターより。  睡蓮。  2011年の写真。  今、見直すと何故手前の綺麗に咲いている花にピントを合わせない?と思ってしまうが、 きっと これから咲く花の希望を写したかったのかなと思う。

  こんな時代でも希望は満ちている。 それが人間なのでしょうね。    ひさしぶりに足立梨花さんのワンピース姿でも見てみたいと思う夜であった。

 


 4月1日

 水曜日。  と言う事で帰ってきた水曜日。    まぁ、気疲れする最近。  早くコロナが収まって欲しいと願いながら帰ってきた水曜日。   

 しかしニュースを見るとこれからが本番のような。   全く恐るべしな病気。   戦前の大恐慌のようになるのだろうか。   そうなると世の中が全く変わってしまうような。

 大変な時代に入った。   これは下手をすると見れないうちに東京都美術館のボストン美術館展が終わって帰ってしまうのかもしれない。 (いや そういう問題じゃないような)

 でも 見てみたい。  

本日の一枚

 日比谷花壇大船フラワーセンターより。  デイジー。  2011年4月の花。   本当は春の日差しの中でぼけ〜っと見れる季節なんだけどねぇ。   植物園も休園。  

 不思議な4月であった。